骨粗鬆症になりやすい人の特徴

当サイトでは、骨を強くするために活用してみたいサプリメントを集めました。ぜひ参考にしてくださいませ。

骨粗鬆症になりやすい人の特徴

骨粗鬆症になりやすい人の特徴骨粗鬆症は骨密度が低下し、骨がもろく弱まっている状態です。少しの衝撃にも耐えられず、弱くなっている骨はもろにダメージを受けて、骨折しやすい状態になっています。

 

骨の形成から骨吸収の流れでバランスが乱れることによって、骨がスカスカになってしまうのです。そのため、軽い段差で転んだなど、何気ない衝撃でも骨折することがあるのです。

 

骨粗鬆症は誰にでも起こりうる骨のトラブルですが、骨粗鬆症になりやすい人の特徴というのがあります。

 

  • 高齢
  • 極端なダイエットをしている
  • 閉経を迎えた女性
  • 運動不足の人

 

など。

 

まず、年齢的にみると圧倒的に、高齢者に多いです。そして男女比較でみると、女性に多いです。ある統計によると、60歳以上の女性に2人に1人が、70歳以上になると10人に7人もの人が、骨粗鬆症とされています。

 

骨密度の蓄積は18歳がピークで、溜め込めるのは20歳までに限られています。そのため、その後はなにもしないと、骨密度は低下してしまいます。女性の場合は、ホルモンバランスも影響します。

 

エストロゲンという女性ホルモンが減少すると、骨吸収に影響してしまいます。そのため、閉経後や産後など、ホルモンバランスが変動しやすい時期に骨粗鬆症になりやすいとされています。

 

もちろん、若い人でも、男性でも、骨粗鬆症になることがあります。無理なダイエットをしたり、運動不足など生活習慣の乱れが続くと、骨は弱くなって骨折しやすい状態となる骨粗鬆症を発症してしまいます。

 

骨粗鬆症を防ぎイキイキとしたアクティブな毎日を送るためには、栄養不足にならないように気を付けて、「カルシウム、ビタミンD、タンパク質」など骨に欠かせない栄養を補給し、規則正しい生活を心がけましょう