ダイエットすると骨粗鬆症になる!?

当サイトでは、骨を強くするために活用してみたいサプリメントを集めました。ぜひ参考にしてくださいませ。

ダイエットすると骨粗鬆症になる!?

ダイエットすると骨粗鬆症になる!?一般的に加齢とともに骨粗鬆症を発症しやすい状態になります。

 

男女で比較すると女性に多いのですが、男女ともに起こることがある骨のトラブルで、高齢者にとくに多いとされています。

 

しかし年齢だけでなく、普段の生活習慣も骨粗鬆症を誘発してしまいます。そのひとつとして今問題になっているのが、「ダイエット」です。

 

ダイエットをすると必ずしも骨粗鬆症になるわけではありません。健康的なダイエットなら問題ありませんし、ダイエット効果もあります。

 

しかし、無理なダイエットをしてしまうと、それは骨粗鬆症の原因になり、近い将来過酷な状態になってしまうかもしれません。また、本来の目的であるダイエット効果にも期待できません。

 

無理なダイエットというのは、極端に食事制限をする方法です。食事制限をするとある程度は体重が落ちますが、ダイエット法としても適切とは言えません。リバウンドのリスクが高いですし、栄養不足になるので健康状態に影響してしまいます。

 

細いボディラインを求めてダイエットするにしても、無理な食事制限は控えてください

 

うまくダイエットするには、「BMI値」という指標と、「体脂肪」を意識しましょう。体重より、どちらも重要になります。BMI値とは肥満状態を調べる指標になり、『体重÷(身長×身長)』で求められる数値が、18.5未満なら低体重、18.5〜25未満は標準体重、25以上が肥満とされています。

 

標準体重の数値を目安に、ダイエットすることで健康的な体のラインの維持になります。

 

見た目を気にしているとBMI値では太って見えると感じるかもしれませんが、無理に食事制限をしても、筋肉が減ってしまうため、脂肪は増えやすい状態になってしまい、細い体になるとは限りません。

 

いきすぎた食事制限は、「カルシウム、タンパク質、ビタミンD」といった骨の形成に欠かせない栄養の不足を引き起こし、ダイエット成功が遠のくだけでなく、骨粗鬆症のリスクも高めてしまいます

 

とくに女性はダイエットに取り組む方が多いですが、過度のダイエットは女性的な健康状態にも影響したり、肌荒れなどの肌の調子にも影響してしまいます。

 

ダイエットをするのであれば、適度に運動を取り入れる健康的なダイエット法を実践しましょう。