骨を強くする骨粗鬆症予防サプリメントはコレ!

当サイトでは、骨を強くするために活用してみたいサプリメントを集めました。ぜひ参考にしてくださいませ。

骨粗鬆症にならないために・・・<骨を強くするサプリ>

骨を強くする骨粗鬆症予防サプリメントはコレ!骨粗しょう症(骨粗鬆症)」とは、骨がもろくなり骨折しやすい状態をさします。

 

厳密には、骨の密度である骨密度が低下してしまい、丈夫なはずの骨が弱くなり折れやすくなってしまいます。

 

若いころは丈夫で骨折などの経験がない人でも、加齢とともに骨密度が低下し骨粗鬆症になってしまうことは大いにあります。

 

とくに女性は骨粗鬆症になりやすいとされています。ホルモンの関係から、閉経後の女性は骨粗鬆症を起こすリスクが高くなるそうです。もちろん加齢だけが原因ではありません。生活習慣の乱れにより、骨粗鬆症になることもあります。

 

なるべく若いうちから、骨粗鬆症対策は始めるべきです。

 

骨を丈夫にするためには、カルシウムが有効成分として知られていますが、それだけでは不十分です。一緒にコラーゲンや、その吸収をサポートするMBP、ビタミンDやビタミンKも必要な栄養素とされています。これらの栄養素とカルシウムを摂取すると、より効率よくカルシウムを補給でき、丈夫な状態へと強化させることができます。

 

当サイトでは、骨を強くするために活用してみたいサプリメントを集めました。ぜひ参考にしてくださいませ。

骨を強くする!おすすめのサプリランキング

大正カルシウム&コラーゲンNBP


『大正カルシウム&コラーゲンNBP』は、骨密度が気になり始めた方におすすめのサプリメントになります。あの大正製薬が開発販売している製品で、製薬会社クオリティの安全性もポイント。


骨を丈夫にするために欠かせないミネラルのマグネシウムやカルシウムは、普段何気に不足しがちです。それらのミネラルを最適なバランスで配合しているため、不足分をしっかりとカバーできます。


さらに関節のしなやかさに必要なコラーゲンや、骨の強さを助ける注目成分のNBPも贅沢に配合しています。ビタミンDも加わり、相乗効果に期待できます。1日たった5粒で、カルシウムが300rも補えます。また、1日分が個包装になっているため、携帯にも便利です。


価格 ¥1,000
成分 カルシウム、コラーゲン、マグネシウム、MBP、ビタミンDなど

公式サイトへ


魚の骨からつくったカルシウム


『魚の骨からつくったカルシウム』は、その名の通り、魚の骨が由来のカルシウムのサプリメントになります。骨粗鬆症対策に必要不可欠、骨を丈夫にするカルシウムをしっかりと補えます。なぜなら、吸収されやすいからです。


マグネシウムや鉄などその他のミネラルも含んでいます。また、高温で焼いて微粒子化しているため吸収率も高くなり、さらにビタミンDやビタミンKの吸収サポート力によって、より効率よくカルシウムが補えます


そして、女性のサポートになりカルシウムの溶解抑制になる大豆イソフラボンも配合。水なしで食べるタイプのサプリになっています。


価格 ¥1,828
成分 カルシウム、コラーゲン、ビタミンD、ビタミンK、大豆イソフラボンなど

公式サイトへ

サントリー カルシウム&マグネシウム


『サントリー カルシウム&マグネシウム』は、大手メーカーのサントリーのサプリメント。原料から配合バランスまでにこだわっている骨粗鬆症対策におすすめのサプリメントになります。


普段不足しがちなカルシウムをメインに使用。それも、吸収性にこだわり、卵殻由来カルシウムをチョイスしています。さらに、丈夫な骨づくりをサポートするマグネシウムや、吸収をサポートする牛乳由来成分のCPPをプラス配合


これらの有用成分が1日たった4粒で手軽に補給できます。ちなみに推奨摂取量の4割を補える栄養機能食品であり、毎日の食事サポートになります。

価格 ¥990
成分 カルシウム、マグネシウム、CPPなど

公式サイトへ

知っておきたい骨粗鬆症の基礎知識

骨を強くする骨粗鬆症予防サプリメントはコレ!最近ではテレビ番組をはじめとする多くのメディアで、取り上げられていることもあり、「骨粗鬆症」の認知度は高くなっています。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

ただ、耳にしたことはあっても、詳しいことはいまいちわからないという方も少なくないと思います。

 

骨粗鬆症とは、骨密度が低下し、簡単にいうと骨の中がすかすかになってしまっているため、簡単に骨が折れやすくなっている状態をいいます。少しぶつけただけ、転んだだけでも、骨が折れてしまいがちになるのが、骨粗鬆症の特徴です。

 

さらに、骨がもろくなるだけでなく、「頸椎圧迫骨折」や「脊柱変形」といった状態を招くリスクも高まります。このような状況を引き起こしてしまうと、それに伴う症状として「ふらつき」をおぼえ、家の中で歩いただけ、また外出した際などに、ふらついて転んでけがをするリスクも高くなってしまいます。

 

最悪の事態を避けるために安静にしても、それはそれで筋肉量の低下を招き、かえって体の調子を悪くすることもあります。

 

しかも、骨粗鬆症になると、耳石のカルシウム代謝に影響を及ぼすこともあり、そのためにめまいの症状が出ることもあります。「良性発作性頭位めまい症」と診断されている方は、骨粗鬆症も併発していて、そちらを改善することでめまい症も治ることもありえます。

 

骨粗鬆症を防ぐためには、安静にするよりも適度に運動をして筋力を維持することがとても大切なケアとなります。ふらつきなどの症状があるときは無理するべきではありませんが、体の調子を良くしていくには動かないで安静にするよりも、軽く体を動かす習慣をつけましょう。

 

骨粗鬆症になっても、骨密度は目にみえてわかるものではありません。しかし、「前かがみの姿勢になる」「身長が縮んだと感じる」といった自覚症状があります。これらの違和感をおぼえたら、もしかすると、骨密度が著しく低下しているかもしれません。

 

骨密度は比較的簡単に調べられるので、気になる方は病院で検査を受けることをおすすめします。定期的に調べることは、自身の現状を把握できるため、対策をはじめるタイミングも分かるので推奨いたします。

国内で〇〇万人が骨粗鬆症という現実

骨を強くする骨粗鬆症予防サプリメントはコレ!最近では骨粗鬆症の認知度も高くなっており、多くの方から理解されるようになりました。しかし、そうはいっても、どことなく「特殊な状況、特殊な病気」と思われている傾向もあります。

 

しかし、実際には、それほど珍しいものではありません。”まさか自分が、骨粗鬆症のわけがない”と根拠のない考えでいるべきではありません。

 

驚かれるかもしれませんが、日本国内における骨粗鬆症の患者数は、現時点でなんと、1,000万人以上とされています。決して他人ごとではありません。もしかすると、あなた自身も骨粗鬆症の傾向、またはすでに骨密度が低下しているかもしれません。

 

そのままの状態では骨折しやすいため、軽い衝撃でもダメージがは大きく、日常生活にも支障をきたしてしまいます。骨粗鬆症から間接的に、ふらつややめまいなどの症状もあらわれ、普段の何気ない生活にまで悪影響をもたらす危険性があるのです。

 

加齢とともに骨密度は低下しやすくなっており、とくに女性は閉経後にホルモンバランスの変動によって、骨粗鬆症になりやすいとされています。しかし、すべてが加齢のせいではありません。年齢を重ねることは防げませんが、骨粗鬆症対策は可能です。

 

規則正しい生活を送れている人は、骨粗鬆症にもなりにくいと考えられています。つまり、生活習慣も大きな影響を与えるのです。たとえば、バランスの悪い食生活や運動不足、喫煙や飲酒といった悪い生活習慣になっていると、それが元となってホルモンバランスが乱れ、骨粗鬆症を誘発することがあります。

 

したがって、バランスのとれた食生活と適度な運動の習慣、禁煙と飲みすぎないことを心がけて、規則正しい生活を送るようにすることが、骨粗鬆症対策の基本になります。

 

運動では、有酸素運動などを取り入れて適度に体を動かすと、筋肉もついて骨粗鬆症予防のみならず健康維持になります。

 

また、女性に多いダイエットも、一因と考えられています。健康的なダイエットならいいのですが、極端に食事制限をするなど、間違ったダイエットをしていると、若い世代でも年齢とわず骨粗鬆症になりやすい状態になってしまうので注意が必要です。

 

痩せたいという気持ちはわかりますが、あまり急かずに、健康的なダイエットを行ってください。

「骨粗鬆症」と診断されたら〜治療法とは〜

骨を強くする骨粗鬆症予防サプリメントはコレ!骨粗鬆症は決して珍しい病状ではございません。日本国内において、患者数は現時点で1,000万人以上にのぼるとされています。

 

骨密度が低下する状態であり、とくに加齢とともに起こりやすいとされています。女性はホルモンの関係上、閉経後になると、男性に比べて女性の方がなりやすいとされています。

 

骨粗鬆症については、病院で検査を受けて調べることができます。骨密度自体の検査は難しく大変なものではありませんので、気になる方は定期的に検査を受けることを推奨いたします。

 

もし、骨粗鬆症と診断された場合、この状況が命にかかわるものではありませんが、骨折しやすいなど、日常生活に大きな支障をきたすことがあります。そのため、治療を必要とします。

 

専門的な治療でいうと、主な治療法は「薬物療法」になります。つまり、薬を服用する治療法です。

 

年齢や性別、骨密度の状態、医師の判断によって使用する薬には違いがありますが、一般的に「活性型ビタミンD製剤、ビタミンK2製剤、ビスフォスフォネート製剤、女性ホルモン製剤、カルシトニン製剤、SERM」といったものが使用されます。

 

ただし、薬物療法以外にも治療法があります。「食事療法」や「運動療法」も基本的に並行して行います。

 

食事療法では、骨を丈夫にするために欠かせない「カルシウム」の摂取は有効です。意外と不足しがちなミネラル分なので、意識的に補うことがポイントです。また、吸収性を良くするためなどに、ビタミンD・ビタミンKといったビタミン類と一緒に摂ることで、効率よく骨密度を増加させられるようになります。

 

運動療法では、適度な運動を習慣にすることが大切です。痛みや不調などによって安静するべきタイミングはありますが、基本的には運動をしないと、骨密度の低下を招く事態になってしまいます。

 

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がとても効果的とされています。有酸素運動はダイエットにもなるうえに、生活習慣病対策などの総合的に健康維持に良い運動法なので、ぜひこの機に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

規則正しい生活と薬物療法を平行することで、すでに骨密度が低下している場合でも、改善の余地はあるのです。

女性の骨粗鬆症リスクが高くなる時期とは

骨を強くする骨粗鬆症予防サプリメントはコレ!骨粗鬆症は男女の性別問わず、だれにでも起こる可能性のある骨のトラブルです。

 

加齢の一種でもあり、年齢を重ねて骨密度が低下し、骨がもろく骨折しやすい状態をさします。少しの衝撃でも骨はいとも簡単に折れてしまう危険な状態です。

 

加齢とともに起こりやすいのですが、比較的女性に多く、女性の場合は年齢以外の原因で起こるものと考えられています。

 

というのも、それはホルモンバランスの事です。女性が骨粗鬆症になりやすい時期というのが、「閉経後」と「産後」です。どちらも、ホルモンバランスが共通しています。

 

閉経後や妊娠などによって体内のホルモンバランスは変動しますが、女性ホルモンには骨密度にかかわる働きがあるため、その量が減少することで骨密度も低下し、骨粗鬆症になりやすいとされています。

 

そもそも骨密度は二十歳まで蓄積することができますが、それ以降はため込めないものです。つまり、それまでに蓄積した骨密度を維持することが、骨粗鬆症対策として重要な事なのです。

 

まずは自身の骨密度を把握しておくことが大切なので、状態を調べてみましょう。骨密度の検査については難しいことはありません。医療機関や自治体によっては専門の施設もあり、簡単に調べられるようになっています。その結果をみて、対策を始めるようにしてください。

 

骨密度を低下させないための基本策は、食生活の改善と必要な栄養はサプリメントで補う方法です。たとえば、骨を丈夫にするために欠かせないカルシウム。実は不足しがちなミネラルの一種であり、吸収性もそれほどよくありません。

 

魚や小松菜、大豆類などに含まれていますが、カルシウムを摂るときには、ビタミンDと一緒に摂るようにすると、効率よく補えます。バランスのいい食事に、カルシウムなど不足しがちな栄養を取り入れるようにしましょう。

骨粗鬆症予防のためにカルシウムの効果的な摂り方

骨を強くする骨粗鬆症予防サプリメントはコレ!骨を強くするために必要な栄養素といえば、「カルシウム」が定番ですよね。昔から、骨を丈夫にするために、カルシウムの補給が推奨されていました。

 

しかし、カルシウムをがむしゃらに摂ったとしても、それが必ずしも骨粗鬆症対策になるとは言えません。

 

カルシウムの摂り方として、いかに効率よく摂るかが重要になります。たくさん摂ろうとカルシウムを含む食べ物を大量に食べても、その分が体内にすべて吸収されるわけではありません。そもそも、カルシウムというのは実は吸収性が良い成分ではないため、効率よく補うためにはコツが必要です

 

カルシウムはホウレン草や小松菜などの野菜や、小魚類、乳製品などに多く含まれています。これらの食べ物を積極的に食事に取り入れつつ、一緒にビタミンDを含む食べ物を摂ることによって、よりカルシウムの吸収性がよくなります

 

また、摂取するタイミングにもポイントがあります。理想的なタイミングとは、ずばり「夜寝る前」です。就寝前に摂取すると、そのあと動かないのでエネルギーが使われず、効率よくカルシウムが骨へと定着しやすいとされています。

 

就寝後1時間30分から2時間30分くらいにカルシウムを取り込みはじめるので、就寝より1時間30分〜3時間30分前にカルシウムを摂るのがベストタイミングです。

 

夜寝る前にカルシウムの多い牛乳をコップ1杯飲むだけでもOKですし、効率よくとりたい、カロリーが気になるときにはサプリメントもおすすめです。サプリメントは基本的に飲むタイミングは自由ですので、摂取目安を守り、夜寝る前に利用してみてください。

骨粗鬆症を防ぐためには〜基本の生活習慣〜

骨を強くする骨粗鬆症予防サプリメントはコレ!骨密度は18歳がピークで20歳までに蓄積しますが、それ以降はため込むことができなくなります。それまでに貯めた骨密度をいかに維持するかが、将来的に骨粗鬆症にならいためのポイントになります。

 

骨粗鬆症は骨密度が低下し骨折しやすい状態をさします。加齢とともに発症リスクが高くなり、とくに女性は閉経後に骨粗鬆症になりやすいとされています。骨密度の検査は簡単なので、まずは一度、ご自身の骨密度を調べてみてください。

 

そして、骨粗鬆症を防ぐためには、普段の生活の送り方がカギになります。極端な話、乱れた食生活や運動不足など、不規則な生活習慣である場合、骨粗鬆症のリスクが高くなります。

 

健康的かつ骨粗鬆症を防ぐためには、規則正しい生活を送ることがとても大切です。

 

バランスのいい食生活」と「適度な運動」は必ず習慣にしましょう。食事ではバランスよく栄養をとることを前提に、カルシウムや骨代謝を向上させるビタミンD、骨の形成にかかわるビタミンKなどを積極的に補うようにしましょう。また、タンパク質も骨の材料になるため、適度に取り入れるようにしてください。

 

食が細いなどの理由から、これらの栄養が補いきれないような場合は、サプリメントを活用することをおすすめします。

 

次に運動では、ハードなものは必要ありません。軽いウォーキングやジョギングなど、全身運動、いわゆる有酸素運動を習慣にすることで筋肉もつき、骨密度の低下も防げます。普段運動不足の方は、階段を使うようにする、一駅歩くなど、簡単な運動から始めてみてください。

 

以上のように、骨粗鬆症を防ぐためには、規則正しい生活が大前提になります。